導入をする費用

多くの企業ではワークフローシステムが導入されている。ワークフローシステムを利用して、費用稟議を計上したり、出張申請、小口現金申請など経理面での活用も多く行われている。 ワークフローシステムを導入する、主な目的としては経理的な部分の決裁のスピーディ化、そして、検索化や処理速度の向上、業務効率の向上およびペーパーレス化などからのコスト削減である。 またワークフローシステムはIDおよびパスワードにて認証するため、重要事項のセキュリティ強化の側面もある。 ワークフローシステム導入費用については、取扱い業者や種類にもよって様々であるが、取得するユーザーライセンス数に応じて料金が変動する部分が多いようである。だが、その費用以上の効果も見込まれるのも事実である。

企業によって、ワークフローシステムは様々な業務用途に利用されている。主には作業の効率化や経理処理の迅速化や効率化が目的とされるが他の利用目的もある。 例えば、それまで別のグループウェアで利用されていたスケジュールとメールが連携されておらず、業務効率があまりよろしくなかったが、ワークフローという統合された環境を使用することにより、業務の効率化に成功したケースもある。 経理業務においては仕入処理、発注処理、入金処理などがスピーディに行われるため、仕入から納品までのリードタイムが短縮され、売上および利益のアップにもつながっている。 また、経理業務だけでなく、休暇申請や残業申請などの勤怠、労務関連の作業の迅速化にもつながっている。 このようにワークフローシステムは企業運営のあらゆる部分で事態を好転させる可能性があるため、まだ未導入の企業は検討していただきたい。